小児運賃・障がい福祉割引

小児運賃

小児運賃は、大人運賃の半額です。(10円未満の端数は、10円単位に切り上げ)

大人運賃と小児運賃の区分

大人運賃

中学生以上の方

小児運賃

小学生及び1歳以上6歳未満の幼児が単独で乗車した場合

6歳未満の幼児の無賃扱い

  • 6歳以上のお客様に同伴されて乗車する場合、1人だけ無賃扱いです。(幼児3人を同伴した場合2人分の小児運賃となります)
  • 1歳未満の乳児は無賃扱いです。(抱っこやおんぶして座席を占めないと見なされるためです)

障がい福祉割引

身体障害者・知的障害者及び精神障害者、その介護のため乗車する方への割引き

(1)普通運賃の割引き

つぎの方が乗車した場合、バス運賃は5割引といたします。

◆割引対象者

  • (ア)身体障害者手帳の交付を受けている方
  • (イ)療育手帳(知的障害)の交付を受けている方
  • (ウ)精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

——お降りの際は手帳をご呈示下さい——

  • (エ)(但し第一種)に付き添って同一に乗下車する介護人1名
  • (オ)(但しA級)に付き添って同一に乗下車する介護人1名

——(ウ)の介護人に対しては割引は適用されません——

◆対象者別の割引

  • (ア)~(オ)である小児
    小児運賃の5割引となります
  • (ア)・(イ)・(エ)・(オ)
    一般乗合旅客自動車運送事業の全路線(高速バスを含む)を割引きます
  • (ウ)
    横浜線・東京線・仙台線 は割引きになりません

(2)定期券運賃の割引き

大人に限り通勤定期券運賃の3割引といたします。

通勤定期券購入時、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご呈示ください。

※小児の場合、身体障害等の定期券運賃割引はありません。
※通学定期券には障害者割引はありません。

福祉児童及び付添人への割引き

(1)普通運賃の割引き

つぎの場合、バス運賃は5割引といたします。

・児童福祉法に規定する諸施設により養護を受けている児童及び、その養護のため同一に乗車する付添人5割引とします。

<児童福祉法に規定する施設>

養護施設・知的障害児施設・知的障害児通園施設・盲ろうあ児施設・虚弱児施設・肢体不自由児施設・重症心身障害児施設・情緒障害児短期治療施設・救護院および児童相談所の一時保護施設・並びにこれらに準ずる施設のことをいいます。

(2)定期券運賃の割引き

定期券については割引運賃の設定はございません。